キムチについてのあれこれ

キムチについてのあれこれ

皆さんのご家庭では、キムチはどのような場面で出てきますか?今や冷蔵庫にキムチが入っているというご家庭は珍しくなくなってきました。日本で定着してきたキムチですが、ここではその歴史、健康効果、焼肉と一緒に食べた時の効果、などについて調べてみましょう。

 

 

キムチってなに?キムチの歴史とは?

キムチは、日本でもすっかりお馴染みの朝鮮半島発祥の漬物です。キムチの歴史はとても古く、古代に遡ると言われています。少なくとも7世紀にはキムチの語源とみられる沈菜(チムチェ)の名が確認できます。

そもそもは冬に生野菜を補給するために、野菜を塩漬けにしたものが始まりとされています。この野菜を塩漬けにすることは、キムチに限らず世界中で行われている調理方法です。

キムチの特徴は低温貯蔵による乳酸発酵を基本とし、多くの食材が使われるという点です。白菜などの野菜の他、塩、魚介の塩辛、唐辛子、ニンニクなどが主な材料ですが、各地方や各家庭によって用いられる食材も変化に富み、味も異なります。

日本のキムチの中心は白菜と唐辛子ですが、白菜がキムチに使われるようになったのは約100年前と意外に新しく、唐辛子の使用が広まったのは17世紀以降となってからのことです。

 

 

キムチの栄養と健康効果とは?

キムチは乳酸菌が生きたまま腸に届きやすい食品です。ヨーグルトに含まれる動物性乳酸菌は胃で死滅しやすいですが、キムチに豊富に含まれる植物性乳酸菌(ラクトバチルス)は胃酸に強く、腸まで届くことにより善玉菌を増やす整腸作用をもたらします。食物繊維と乳酸菌の摂取が相乗効果を生み、便秘解消に効果があります。

カプサイシンは唐辛子の辛味成分ですが、中枢神経の刺激によりアドレナリンを分泌し、基礎代謝の向上と脂肪の分解によるダイエット効果が期待できます。

また、ビタミンB群も多く含まれ、消化器系がん、動脈硬化、中性脂肪の抑制に効果があります。滋養強壮、疲労回復に非常に効果的で、細菌の感染予防にもつながります。

さらに、キムチを夕食で食べると、カプサイシンの働きで寝つきがよくなり快眠効果が期待できます。

 

 

韓国のキムチと日本のキムチってどう違うの?

韓国のキムチと日本のキムチでは使われている唐辛子に違いがあります。日本ではいわゆる鷹の爪が使われていますが、韓国では日本の鷹の爪より一回り大きな唐辛子が使われています。

日本のキムチは日本人の口に合わせて浅漬けタイプのものが多くなっています。韓国のキムチのように発酵・熟成されていないので、時間と共に風味が落ち日持ちはよくありません。韓国では賞味期間は約3週間と言われていますが、日本では2週間までです。

韓国ではテレビでもよく取り上げられるように各家庭でキムチを作っています。家庭の味が受け継がれているのです。一方、日本ではたいていスーパーでメーカーが作ったものを買います。

他にも、韓国のキムチの白菜がシャキッとしているのに対し、日本のキムチはしんなりしている、日本のキムチは韓国のキムチと比べバリエーションが少ない、日本のキムチの方が味は薄くパンチが無い、などの違いもあります。

 

 

オイキムチってなに?カクテキってなに?

キムチは世界でも珍しい野菜の発酵食品で、韓国人の野菜好きが現れた食品です。韓国は各家庭に伝わるレシピがあり、塩、唐辛子や魚醤の量、どの程度発酵させるかも各家庭で違っています。

もともとは韓国では白菜のキムチが中心でしたが、きゅうりをメインにしたオイキムチも人気があります。

オイキムチのオイはキュウリのことで「きゅうりのキムチ」を意味します。きゅうりの割れ目にキムチのソースを詰めたスタイルのオイキムチは、韓国で広く親しまれています。


また、大根を漬けたカクテキも人気があります。大根を約3cm角のサイコロ状に切って作ります。これらは日本の焼肉屋のサブメニューとしても人気があります。

 

 

焼肉とキムチを一緒に食べたときの効果とは?

焼肉屋さんには必ずといってよいほどキムチが置かれていますが、これには根拠があります。焼肉を食べる時にキムチを意識して食べると、ダイエット効果が期待できるからです。

キムチの乳酸菌は代謝を高め、脂肪をよく燃焼させる効果が生まれます。また、キムチには辛み成分の香辛料がたっぷり含まれています。この中のカプサイシンは血行をよくするため、脂肪分解作用や発汗作用があります。

キムチに含まれるニンニクの成分が、肉の糖質をエネルギーに変えてくれます。そのため脂肪として残りにくくなります。

食事においては野菜をまず摂ると消化吸収を緩やかにし、血糖値の急激な上昇が抑えられます。そのため脂肪が溜まりにくくなります。

美味しい焼肉を口に入れる前に、野菜たっぷりのキムチをいただきましょう。

 

 

キムチについてのあれこれ

キムチの発祥は古代に遡ると言われ、冬でも野菜が食べられるように塩漬けしたことに由来します。キムチに含まれる乳酸菌による整腸作用、カプサイシンによるダイエット効果、ビタミンB群による病気の予防などの健康効果があります。
韓国のキムチと日本のキムチとでは、使われている唐辛子の種類、漬け方、味の濃淡などに違いがあります。韓国ではきゅうりをメインにしたオイキムチ、大根を漬けたカクテキも人気があります。
焼肉を食べる時にキムチを意識して食べると、ダイエット効果が期待できます。これはキムチに多く含まれる乳酸菌やカプサイシンなどによる効果です。焼肉で美味しいお肉を食べる時は、健康のためにも意識してキムチも添えるようにしましょう。
 

お気軽にお電話ください
03-3344-6068 03-3344-6068
[月~金]11:30~20:00(L.O 19:00 ドリンク19:00)
<!--[月~金]18:00~23:30(L.O 22:00 ドリンク23:00) [土・祝]18:00~23:00(L.O 22:00 ドリンク22:30) 金土2時間制-->
東京都新宿区西新宿1-16-9 盛栄ビル1F
ACCESS

黒毛和牛A4A5 焼肉ありらん 新宿本店 自慢の黒毛和牛をぜひご賞味ください

新宿で焼肉を食べるなら、高品質なメニューを納得の価格で提供する当店をご利用ください。 和牛焼肉 ありらん 新宿本店では、A5黒毛和牛を心行くまで堪能していただける食べ放題プランを多数ご用意しており、お客様よりご好評いただいております。 ご予約も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
和牛焼肉ありらん 新宿本店写真
店舗名 和牛焼肉ありらん 新宿本店
住所 東京都新宿区西新宿1-16-9 盛栄ビル1F
電話番号 03-3344-6068
営業時間 [月~金]11:30~20:00(L.O 19:00 ドリンク19:00)
<!--[月~金]18:00~23:30(L.O 22:00 ドリンク23:00) [土・祝]18:00~23:00(L.O 22:00 ドリンク22:30) 金土2時間制-->
定休日 日曜日(日曜休日の場合、月曜) 大晦日・正月三が日・不定休あり
最寄駅 新宿駅

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。