豚肉に含まれる栄養素とは?

豚肉に含まれる栄養素とは?

皆さんは豚肉を使った料理では何がお好みでしょうか?トンカツですか?それとも生姜焼きですか?野菜中心の料理でも、豚肉を少し入れるだけでアクセントとなり美味しくいただくことができます。そんな豚肉に含まれている栄養素について調べてみましょう。

 

 

豚肉に含まれるタンパク質ってどんな栄養素?

豚肉はタンパク質、ビタミンB1、B12、ナイアシン、鉄分などの栄養素を豊富に含む食品です。このうちタンパク質は脂質、炭水化物と並ぶ三大栄養素の一つで、肉類、魚介類、卵、大豆製品、乳製品などに多く含まれています。

豚肉には100gあたり14~23gのタンパク質が含まれていますが、体の中で効率よく使われるため、良質なタンパク質であると言われています。

タンパク質は毛髪、皮膚、内臓など、体を作る材料となります。また、体を動かす、栄養や酸素を運ぶ、免疫機能で体を守るなど、さまざまな役割に関わっています。

タンパク質が体の中に取り入れられると20種類のアミノ酸に分解されます。このうち9種類のアミノ酸は、体内で合成できない必須アミノ酸と呼ばれるものです。

 

 

豚肉に含まれるビタミンB1ってどんな栄養素?

体が疲れたなと感じると、無性にお肉を食べたくなる時があります。これは、私たちの体が不足したタンパク質を補おうとしている証拠です。

そのタンパク質をエネルギーに変えるのにビタミンB群が必要になりますが、これをたくさん含んでいるのが豚肉です。中でもビタミンB1は、体や脳の疲労回復にも効果があり、心身の健康を保つために必要不可欠な栄養素です。

実は、白米を主に食べる日本人は、このビタミンB1が不足しがちだと言われています。そんなビタミンB1を効率よく摂取するには、豚肉が欠かせません。豚肉にはなんと牛肉の10倍ものビタミンB1が入っているのです。

このビタミンB1の吸収をより促してくれるのがアリシンという物質です。これは玉ねぎやにんにくなどに多く含まれているので、一緒に料理するとより効果的にビタミンB1を摂ることができます。

 

 

豚肉に含まれるナイアシンってどんな栄養素?

豚肉に含まれる栄養素の一つにナイアシンという物質があります。ナイアシンは水溶性ビタミンB群の一つで、ニコチン酸とニコチンアミドの総称です。

ナイアシンはエネルギー代謝に関わり、数百種類の酵素をサポートする働きがあります。皮膚や粘膜の健康を維持する働きがあるため、肌に潤いやハリをもたらし、美肌づくりに役立つとされています。それだけでなく、心の不調やうつ、統合失調症にも効果があるとされています。

ナイアシンを含む食品はいろいろありますが、豚肉は手に入りやすく調理も簡単なので、ナイアシンを摂取するためにはぴったりの食材です。

ナイアシンは水溶性で熱にも弱いため、最も効率よくナイアシンを摂取できる調理法は「蒸す」ことです。これにより、ビタミンの損失を抑えて豚肉を美味しく食べることができます。

 

 

豚肉に含まれる不飽和脂肪酸ってなに?

豚肉は豊富にビタミンやミネラルを含む健康的な食材として注目されていますが、一方で脂肪について心配する方も少なくありません。

豚肉の脂肪分は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸という2種類に大別され、中でも最も多く含まれているのが一価不飽和脂肪酸のオレイン酸です。

このオレイン酸は同じく健康食材として有名なオリーブオイルにも多く含まれているもので、コレステロール値を下げる効果があることが確認されています。

また他にも、血液をサラサラにする、血管を丈夫にする、消化管の調子を整える、肌の艶を保つなど、さまざまな利点が証明されており、積極的に摂取することで日々の健康増進に役立てることができます。

豚肉の脂肪分はロースやバラなど、白身の多い部分によく含まれています。調理の際はよく煮込む、香味野菜とともに炒めるなどすると、美味しくそして効率よく不飽和脂肪酸を摂取することができます。

 

 

豚肉に含まれるコラーゲンってなに?

コラーゲンは細胞同士をつなぐ接着剤のような役割をするもので、肌にはみずみずしさを、関節にはクッション性を、血管にはしなやかさを与えます。また、肉を煮ると柔らかくなるのは、コラーゲンの状態変化により起こります。

コラーゲンの経口摂取は、体によいという意見と、意味が無いという意見の両方がありました。しかし、最近の研究では、摂取されたコラーゲンの一部はコラーゲンペプチドとして腸から吸収されるということが明らかになりました。

豚肉にはコラーゲンがたくさん含まれていることはよく知られています。ただ、コラーゲンには動物性由来のものと魚由来のものがあり、魚皮から抽出されたフィッシュコラーゲンの方が効率的であると言われています。

 

 

豚肉に含まれる栄養素について

豚肉に含まれる栄養素のうち、タンパク質、ビタミンB1、ナイアシン、不飽和脂肪酸、コラーゲンについて調べてきました。

タンパク質は毛髪、内臓など、体を作る材料となるだけでなく、体を動かしたり、免疫機能で体を守ったりするなど役割があります。豚肉は日本人が不足しがちなビタミンB1を多く含んでいます。これは体や脳の疲労回復に効果があります。

豚肉に含まれるナイアシンは美肌づくりに役立つだけでなく、心の不調やうつ、統合失調症にも効果があるとされています。豚肉の脂質を気にされる方もいますが、豚肉にはコレステロール値を下げる一価不飽和脂肪酸のオレイン酸を含んでいます。また豚肉にはコラーゲンがたくさん含まれており、肌にみずみずしさなどを与えます。

このように豚肉は多くの栄養素を含む食品です。豚肉を美味しく食べ、健康な体を手に入れましょう。

お気軽にお電話ください
03-3344-6068 03-3344-6068
[月~金]18:00~23:30(L.O 22:00 ドリンク23:00) [土・祝]18:00~23:30(L.O 22:30 ドリンク23:00) 金土2時間制
東京都新宿区西新宿1-16-9 盛栄ビル1F
ACCESS

黒毛和牛A4A5 焼肉ありらん 新宿本店 自慢の黒毛和牛をぜひご賞味ください

新宿で焼肉を食べるなら、高品質なメニューを納得の価格で提供する当店をご利用ください。 和牛焼肉 ありらん 新宿本店では、A5黒毛和牛を心行くまで堪能していただける食べ放題プランを多数ご用意しており、お客様よりご好評いただいております。 ご予約も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
和牛焼肉ありらん 新宿本店写真
店舗名 和牛焼肉ありらん 新宿本店
住所 東京都新宿区西新宿1-16-9 盛栄ビル1F
電話番号 03-3344-6068
営業時間 [月~金]18:00~23:30(L.O 22:00 ドリンク23:00) [土・祝]18:00~23:30(L.O 22:30 ドリンク23:00) 金土2時間制
定休日 日曜日(日曜休日の場合、月曜) 大晦日・正月三が日・不定休あり
最寄駅 新宿駅

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。