ブログタイトルブログタイトルブログタイトル

お肉を食べることのメリットとは?

たまに疲れた時、お肉が無性に食べたくなることがあります。ではお肉を食べると本当に疲れは取れるのでしょうか?また、お肉を食べることで考えられるメリットは他には無いのでしょうか?お肉を食べることのメリットと、その理由について考えてみましょう。


 

牛肉を食べると筋肉がつきやすくなるって本当?その理由とは?

筋肉は筋トレなどの激しい運動により筋肉分解を起こしますが、筋トレ直後は効率よく筋肉が作られると言われています。そして、筋肉が成長するチャンスは筋トレ直後から24時間後までと考えられています。

 

効率よく筋肉を作るには、この間に必須アミノ酸をバランスよく含む高タンパクな食品を摂るのが理想です。それに当てはまるのが肉類、魚介類、大豆製品、卵、乳製品などの食品です。

 

牛もも肉(和牛・赤身肉)は100gあたり、約21.9gのタンパク質を含んでいますが、脂質は4.9gと低くなっています。

 

このような高タンパクの食品を摂ると、筋肉がつくと同時に体の基礎代謝も上がります。その結果、汗をよくかき脂肪が燃焼しやすくなるというシステムができあがります。


 

牛肉を食べると記憶力や集中力が上がるって本当?その理由とは?

記憶力や集中力というのは脳の機能と密接に結びついています。適切な食事や生活習慣によって脳の機能が最適な状態に保たれると、記憶力や集中力は最大限に発揮されます。

 

最近の研究では、食材のうちでも特に牛肉に記憶力や集中力を増強する効果があることが認められています。これは牛肉に含まれる多種多様な栄養素が関係しています。

 

まず牛肉に豊富に含まれる鉄分は、脳の血管を丈夫にするとともに血液が酸素を運ぶ能力を高めるため、結果的に脳の機能を最適に保つ効果があると考えられています。

 

さらに牛肉にはビタミンB群も豊富です。ビタミンB群は脳神経機能を正常に保ったり、脳の唯一の栄養源であるブドウ糖の分解を助けたりする機能を持っています。

 

しかも牛肉にはアラキドン酸というアミノ酸も含まれています。これは体内でアナンダマイドという物質に代謝され、心の安定などに寄与します。


 

牛肉を食べると疲労回復に役立つって本当?その理由とは?

牛肉と言えば、良質なタンパク質、脂質はもちろんのこと、ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンなどのビタミンB群、鉄や亜鉛といったミネラルを豊富に含む食品です。牛肉を食べると疲労回復によいと言われるのは、牛肉に含まれるこれらの栄養素のおかげなのです。

 

タンパク質は臓器、筋肉、神経伝達組織など体を形作り、生命を維持するうえで欠かせない栄養素です。このタンパク質が不足すると、疲れを覚え、スタミナ不足を感じてしまいます。

 

ビタミンB2は乳酸などの疲労原因物質を取り除くのに必要な栄養素です。また、ビタミンB12が不足すると赤血球が減少し貧血が起こりやすく、また疲れやすくもなります。ナイアシンが不足すると疲労に結びつく食欲不振を招きます。ミネラルの鉄分は体内に酸素を運び、疲れやすさを取り除きます。

 

なお、ホルモンはビタミンやミネラルの宝庫です。特に疲れがなかなか取れないと感じた時には、牛肉の他、ホルモンも積極的に食べて疲労回復に努めてください。


 

牛肉を食べると免疫力が上がるって本当?その理由とは?

タンパク質は心臓をはじめとする各種臓器、筋肉、神経伝達組織など、体作りや生命維持には欠かせない栄養素です。

 

長生きする方の特徴を調べてみると、そのタンパク質の中でも動物性のタンパク質を多く摂っていることが分かっています。

 

実は、牛肉に含まれる動物性タンパク質は免疫力を上げる効果があります。牛肉に含まれる動物性タンパク質の一種であるアルブミンは感染症、脳卒中、心筋梗塞の予防に効果があり、アルブミンが低い方ほど短命であるとされています。即ち、牛肉の摂取が多い方ほど免疫力が上がり、病気のリスクが低くなるということです。

 

牛肉に含まれる鉄や亜鉛も免疫力と無関係ではありません。亜鉛は細胞の新陳代謝には必須のミネラルです。また、鉄は血液中で酸素を運ぶ役割をするのに欠かせないミネラルです。これらのミネラルも、ウイルスや細菌から体を守る防御システムである免疫力と深くかかわっているのです。


 

牛肉を食べると認知症予防になるって本当?その理由とは?

アラキドン酸は、脳の機能を担う神経細胞の生成を促す働きをすることが分かっています。高齢者やアルツハイマーの患者は、脳の細胞膜に含まれるアラキドン酸の量が少ない傾向にあります。即ち、これを多く含む卵、肉類、魚介類を多く摂ると、認知症の予防になるのです。

 

ある研究では、肉類の摂取がかなり少ないと認知症の長期リスクを増大させる可能性があることが分かりました。認知症になっていない69〜71歳の方を対象に行った調査では、緑黄色野菜、海藻、キノコ、大豆製品、肉類、魚介類が中心の食生活と良好な認知機能に深い関連性があることが分かりました。

 

年齢を重ねると慣れ親しんだ味に固執しがちですが、若々しい認知機能を保つためにはバラエティー豊かな食生活を心がけることが大切です。


 

お肉を食べることのメリットについて

牛肉は必須アミノ酸が豊富な高タンパク食品です。筋トレなどが終わった直後から24時間以内に牛肉を食べると筋肉が付きやすくなります。

ある研究では、牛肉には記憶力や集中力を増強する効果があることが分かっています。これは牛肉に含まれる鉄分やビタミンB群が関係しています。老若男女を問わずに感じることがある疲労は、タンパク質、ビタミン、ミネラルの豊富な牛肉を食べることで取ることができます。

感染症などにかからないためには免疫力を付けることが大事だと言われます。この免疫力も、高タンパクでミネラルも豊富な牛肉を食べることで高めることができます。また、牛肉に含まれるアラキドン酸は認知機能が低下するのを防ぐ効果があります。

これまで牛肉はパワーを付けるためだけの食品と考えていた方は、考え方を改める必要がありそうです。牛肉をいっぱい食べ、これらの効果を実感してみましょう。

 

お気軽にお電話ください
03-3344-6068 03-3344-6068
[月~金]11:30~20:00(L.O 19:00 ドリンク19:00)
<!--[月~金]18:00~23:30(L.O 22:00 ドリンク23:00) [土・祝]18:00~23:00(L.O 22:00 ドリンク22:30) 金土2時間制-->
東京都新宿区西新宿1-16-9 盛栄ビル1F
ACCESS

黒毛和牛A4A5 焼肉ありらん 新宿本店 自慢の黒毛和牛をぜひご賞味ください

新宿で焼肉を食べるなら、高品質なメニューを納得の価格で提供する当店をご利用ください。 和牛焼肉 ありらん 新宿本店では、A5黒毛和牛を心行くまで堪能していただける食べ放題プランを多数ご用意しており、お客様よりご好評いただいております。 ご予約も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
和牛焼肉ありらん 新宿本店写真
店舗名 和牛焼肉ありらん 新宿本店
住所 東京都新宿区西新宿1-16-9 盛栄ビル1F
電話番号 03-3344-6068
営業時間 [月~金]11:30~20:00(L.O 19:00 ドリンク19:00)
<!--[月~金]18:00~23:30(L.O 22:00 ドリンク23:00) [土・祝]18:00~23:00(L.O 22:00 ドリンク22:30) 金土2時間制-->
定休日 日曜日(日曜休日の場合、月曜) 大晦日・正月三が日・不定休あり
最寄駅 新宿駅

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。