焼肉屋さんで食べられるクッパとは?

焼肉屋さんで食べられるクッパとは?

皆さんは焼肉を食べる時、どのようなサイドメニューを注文されるでしょうか?焼肉屋さんでは、カタカナで書かれたメニューがどういう料理なのか分からないことがあります。ここでは焼肉屋さんの代表的なサイドメニューのクッパについて調べてみましょう。


 

焼肉屋さんで食べられるクッパって何?

クッパは韓国の伝統料理で、日本では焼肉の「締め」でよく食べられています。韓国では安くて満腹感が得られる庶民派料理です。

 

肉はタンパク質が多いため、炭水化物が摂れるクッパを最後に食べたいという方にピッタリのメニューです。スープで煮込んであるためご飯は柔らかく、焼肉で既にお腹がいっぱいになっていても問題無く食べられます。

 

水分が多いため、カロリーも他のご飯ものに比べると低くなっています。カロリーが気になる方にもおすすめの一品と言えます。

 

クッパには、鶏卵などが入りあっさりとしたスープで煮たクッパ、辛いスープの中にカルビが入ったクッパなど、いくつかの種類があります。


 

焼肉屋さんのクッパの語源って

焼肉屋の定番料理の一つであるクッパは、韓国語で「スープ」を意味する「クッ」と、「ご飯」を意味する「パッ」を合わせた造語です。

 

実際の料理名では、テグタンにご飯を入れたテグタンクッパ、コムタンにご飯を入れたコムタンクッパと言うように、スープの名前が付いたものとなっています。

 

「クッパ」と聞くと大人気のゲームの敵のボスキャラクターの名前を連想される方がいるかも知れませんが、ゲームのクッパの由来が韓国料理のクッパであることが紹介されています。それによると、焼肉屋さんでクッパという名前を聞き、強そうなイメージがあったためキャラクターの名前にしたそうです。


 

焼肉屋さんのクッパとビビンバってどう違うの?

焼肉屋さんにはいくつもの韓国料理がメニューにありますが、韓国語がそのまま料理名となっているため、食べ慣れない方は何の料理か分からないこともあります。その一つの例として、クッパとビビンバについて調べてみましょう。

 

クッパは韓国料理で、スープにご飯を入れて食べる、言うならば「汁かけご飯」の類になります。日本の雑炊とかお茶漬けという感じの、庶民的な料理になります。

 

日本の焼肉屋さんで出るクッパは、スープとご飯を一緒に加熱調理することもありますが、本場韓国ではスープとご飯が別々に出てきて、自分でスープにご飯を入れるのが一般的です。

 

一方、ビビンバの「ビビン」は「混ぜ」を、「パッ」は「ご飯」を意味し、それが合わさってビビンバとなりました。即ち、ビビンバとは、ナムル、肉、卵などの具と、コチジャン、ごま油などの調味料を乗せたご飯を混ぜ合わせたもので、言うならば「混ぜご飯」ということになります。

 

日本の焼肉屋さんで出るビビンバは、ご飯ものの定番メニューとなっており、「石焼ビビンバ」など、日本独自の調理スタイルも登場しています。

 

韓国ではたくさんの具を乗せるのが主流となっており、よく混ぜて食べるのが一般的です。


 

ユッケジャンクッパとコムタンクッパの違いって何?

ユッケジャンとは、牛肉・大豆もやし・ぜんまい・ねぎなどが入った、醤油ベースのコチュジャン入り辛口スープのことで、それにご飯を入れた料理がユッケジャンクッパになります。

 

一方、コムタンは牛肉・ねぎなどの具がたっぷり入った、コクと旨みがある濃厚な塩味スープのことで、それにご飯を入れた料理がコムタンクッパになります。

 

どちらもスープにご飯が入ったクッパですが、具に違いがあるだけでなく、醬油ベースの辛口スープがユッケジャンクッパ、コクと旨味のある塩味スープがコムタンクッパというわけです。


 

自宅でできるユッケジャンクッパの作り方とは?

焼肉屋さんのメニューとして人気のユッケジャンクッパは、自宅でも調理できるレシピがいくつかあります。

 

基本的には、家庭で使っている鍋(中華鍋でなくても可)にニラや牛肉、もやし、しめじなどの具材を入れて、コチュジャンなどの調味料を追加して煮込んだスープをご飯にかけるという調理法がほとんどで、煮込む時間が必要になるので約30分の調理時間になります。

 

一つのレシピを紹介すると、4cmほどに切った牛もも薄切り肉と、酒、醤油、すりおろしニンニク、ごま油をボウルに入れ揉み込み、10分ほど置きます。

 

中火で熱した鍋にこれを入れて焼き、火が通ったら水、鶏ガラスープの素、コチュジャン、豆板醤、塩を入れて煮ます。

 

煮立ったら、もやし、しめじをほぐしながら入れ中火で煮ます。もやしがしんなりしてきたら5cmほどに切ったニラを入れます。

 

溶き卵を回し入れ、蓋をして弱火で1分ほど煮て火から下ろします。器にご飯を入れ、でき上がったスープをかけ、白すりごまを散らせば完成です。


 

焼肉屋さんで食べられるクッパについて

韓国料理のクッパはスープにご飯を入れて食べる、日本の雑炊とかお茶漬けという感じの庶民的な料理です。また、ビビンバは朝鮮・韓国料理で、ナムル、肉、卵などの具と、コチュジャン、ごま油などの調味料を乗せたご飯を混ぜ合わせたもので、言うならば「混ぜご飯」という感じの料理です。

クッパには、醬油ベースの辛口スープがユッケジャンクッパ、コクと旨味のある塩味スープがコムタンクッパなどの種類があります。クッパは、家庭で使っている鍋に具材を入れて、コチュジャンなどの調味料を追加して煮込んだスープをご飯にかけるとできあがります。

日本では食事の後に、ラーメンや雑炊などで締めるという習慣があります。韓国が本場の焼肉屋さんでは、韓国料理のクッパで締めてみてはいかがでしょうか。

お気軽にお電話ください
03-3344-6068 03-3344-6068
[月~金]11:30~20:00(L.O 19:00 ドリンク19:00)
<!--[月~金]18:00~23:30(L.O 22:00 ドリンク23:00) [土・祝]18:00~23:00(L.O 22:00 ドリンク22:30) 金土2時間制-->
東京都新宿区西新宿1-16-9 盛栄ビル1F
ACCESS

黒毛和牛A4A5 焼肉ありらん 新宿本店 自慢の黒毛和牛をぜひご賞味ください

新宿で焼肉を食べるなら、高品質なメニューを納得の価格で提供する当店をご利用ください。 和牛焼肉 ありらん 新宿本店では、A5黒毛和牛を心行くまで堪能していただける食べ放題プランを多数ご用意しており、お客様よりご好評いただいております。 ご予約も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
和牛焼肉ありらん 新宿本店写真
店舗名 和牛焼肉ありらん 新宿本店
住所 東京都新宿区西新宿1-16-9 盛栄ビル1F
電話番号 03-3344-6068
営業時間 [月~金]11:30~20:00(L.O 19:00 ドリンク19:00)
<!--[月~金]18:00~23:30(L.O 22:00 ドリンク23:00) [土・祝]18:00~23:00(L.O 22:00 ドリンク22:30) 金土2時間制-->
定休日 日曜日(日曜休日の場合、月曜) 大晦日・正月三が日・不定休あり
最寄駅 新宿駅

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。