各種ホルモンを食べるとどんな効果があるの?

各種ホルモンを食べるとどんな効果があるの?

皆さんはホルモンをよく食べるでしょうか?慣れた方でないと少し抵抗があるのがホルモンです。しかし、脂質が多い焼肉の中で、低カロリーで健康にもよいのがホルモンです。ここではホルモンとは何か、また各種ホルモンを食べるとどのような効果があるのか、などを調べておきましょう。

 

焼肉で食べるホルモンってなに?

ホルモンともつは、どちらも内臓を意味し、基本的には同じと考えられます。ただ、もつは牛、豚、鶏の内臓全般を意味し、もつ鍋・もつ煮込みなどで知られるように煮込み料理で使われることが多いです。

一方、ホルモンは本来牛や豚の腸のことを指しますが、焼肉屋では内臓全般をホルモンと呼ぶことが多く、「ホルモン焼き」という言い方もあります。

ホルモンの語源には諸説ありますが、そのうちの一つに「体の動きを調節する」というドイツ語の「hormon」から来ているという説があります。内臓を食べることでスタミナが付くということです。

ホルモンはミネラルが豊富で意外と栄養価が高いものが多く、免疫力の向上や疲労回復などの効果があります。

主なホルモンには、ミノ(第一胃)、ハチノス(第二胃)、センマイ(第三胃)、ギアラ(第四胃)、シマチョウ(大腸)、マルチョウ(小腸)、ハツ(心臓)、ハラミ(横隔膜)、タン(舌)、レバー(肝臓)などがあります。

 

焼肉で食べるホルモンには美肌効果があるって本当?

焼肉屋さんでぜひ女性の方に食べて欲しい食材がホルモンです。コラーゲンがたっぷり含まれ、肌によい効果をもたらしてくれます。カロリーが高いのではと心配されているかも知れませんが、実際には低脂肪・低糖質でカロリーも控えめです。

良質なタンパク質もたっぷり含まれているので、髪の毛も肌も爪も美しくなります。免疫力アップを促す亜鉛も豊富で、健康効果も得られます。

焼肉屋だと美味しそうなお肉に目が移り、「ホルモンだけ食べるのでは我慢できない」という方なら、もつ鍋屋さんに行くのがおすすめです。

もつ、即ちホルモンはもちろん、にら・キャベツ・ニンニク・唐辛子と、野菜がたっぷりで美容やダイエットに効果大です。もつ鍋セットを購入すれば自宅で調理も可能で、食べて美肌を手に入れましょう。

 

焼肉で食べるホルモンのレバーって免疫力を高めるって本当?

牛肉にはさまざまな栄養素が豊富に含まれ、食べることで心身ともにプラスになることがたくさんあります。

特にビタミン、鉄分、タンパク質が豊富に含まれているため、ダイエットや健康だけでなく、美容にもよいとされています。

牛肉にはさまざまな部位がありますが、比較的よく出てくるのがレバーです。このレバーは肝臓の部位になり、独特な風味があるため敬遠する方もいます。

しかし、牛を始め、豚・鶏のレバーは「栄養の宝庫」と呼ばれるほど栄養価の高い部位です。特にレバーには、ビタミンB2、B6、B12、ビタミンAといったビタミン類が豊富に含まれています。

その中でビタミンAは抗酸化作用に優れ、粘膜の新陳代謝を促し、免疫力を高める働きがあります。また、ビタミンB12はヘモグロビンの生成を助けるので、貧血を起こさず、全身に栄養を送り届けてくれます。このことも免疫力を高めることと無縁ではありません。

 

焼肉で食べるホルモンのハツには疲労回復の効果があるって本当?

ホルモンにはさまざまな部位がありますが、「疲れやすくて…」という方はハツを試してみてはいかがでしょう。

ハツとは心臓のことで、牛と豚のどちらもおすすめです。何しろ生まれてからずっと収縮を繰り返してきた部位なので、多くのパワーを秘めている部位です。

牛ハツを食べればタンパク質・脂質・ビタミンなどが摂取でき、免疫力のアップ、疲労回復、老化の防止、美肌効果、貧血予防と健康効果は数え切れません。

より低カロリーでタンパク質豊富なのが豚ハツで、コリコリとした食感で美味しさもアップします。こちらもタンパク質・脂質・ビタミンなどが豊富で、健康と美しさの両方を手に入れることができます。

 

焼肉で食べるセンマイって貧血予防に効果があるって本当?

センマイは牛の第三胃で、糖質ゼロで脂質も低い部位です。好きな方は歯ごたえが癖になる部位で、見た目の抵抗はあるかも知れませんが、ぜひ女性の方に食べていただきたい部位です。なぜなら鉄分やビタミンB12がたっぷり含まれているからです。

毎月のように生理が来ることもあり、貧血は女性の多くの方の慢性的病気となっています。「いつものことだから…」と放っておかないことが大事です。もしも高所での作業中などに意識を失って倒れてしまったら命にも係わります。

センマイ以外にも豚レバーにハツなど、鉄分が豊富な部位はけっこうたくさんあります。しかもその多くは吸収性が高いヘム鉄です。ほうれん草や大豆などの非ヘム鉄よりもしっかり吸収され、低カロリーでもあるセンマイが貧血予防におすすめです。

 

各種ホルモンを食べることの効果について

焼肉屋さんの「ホルモン」は、もつ鍋屋さんの「もつ」と同様に内臓全般を指します。ミネラルが豊富で意外と栄養価が高いものが多く、免疫力の向上や疲労回復などの効果があります。コラーゲンもたっぷり含まれており美肌効果もあるため、女性にもおすすめです。
レバーは肝臓になりますがビタミン類を始め栄養価が高く、免疫力を高める効果があります。多くのパワーを秘める心臓のハツは、タンパク質・脂質・ビタミンなどが摂取でき、疲労回復効果も期待できます。牛の第三胃であるセンマイは特に鉄分が豊富で、貧血になることが多い女性に特に摂ってほしい部位です。
見た目や食感に慣れるまでは時間がかかるかも知れませんが、たくさんの効果が期待できるホルモンにぜひ挑戦してみて下さい。

 

フードメニューはこちら

 

お気軽にお電話ください
03-3344-6068 03-3344-6068
[月~金]11:30~20:00(L.O 19:00 ドリンク19:00)
<!--[月~金]18:00~23:30(L.O 22:00 ドリンク23:00) [土・祝]18:00~23:00(L.O 22:00 ドリンク22:30) 金土2時間制-->
東京都新宿区西新宿1-16-9 盛栄ビル1F
ACCESS

黒毛和牛A4A5 焼肉ありらん 新宿本店 自慢の黒毛和牛をぜひご賞味ください

新宿で焼肉を食べるなら、高品質なメニューを納得の価格で提供する当店をご利用ください。 和牛焼肉 ありらん 新宿本店では、A5黒毛和牛を心行くまで堪能していただける食べ放題プランを多数ご用意しており、お客様よりご好評いただいております。 ご予約も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
和牛焼肉ありらん 新宿本店写真
店舗名 和牛焼肉ありらん 新宿本店
住所 東京都新宿区西新宿1-16-9 盛栄ビル1F
電話番号 03-3344-6068
営業時間 [月~金]11:30~20:00(L.O 19:00 ドリンク19:00)
<!--[月~金]18:00~23:30(L.O 22:00 ドリンク23:00) [土・祝]18:00~23:00(L.O 22:00 ドリンク22:30) 金土2時間制-->
定休日 日曜日(日曜休日の場合、月曜) 大晦日・正月三が日・不定休あり
最寄駅 新宿駅

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。